#0386


8月26日(金)二日目


IMG_0368.jpg



倉敷から宇野港、直島へ。
この日も9時22分のフェリーに乗る予定なので、遅れるわけにはいきません。
犬島に比べたら直島は食事する場所はたくさんあるのですが、観光メインにするためにこの日も途中コンビニで昼食と冷凍麦茶三本買い込む。
ちなみに荷物多いし、動くことが多いので二日間はリュックでした。




IMG_0370.jpg




宮浦港でお迎えしてくれる草間弥生の赤カボチャ。




IMG_0371.jpg




IMG_0374.jpg





ちなみのちなみに、瀬戸内国際芸術祭のアプリで、それぞれの待ち時間等が確認できます。事前に待ち時間を確認していて、地中美術館は開園時間に行ってもこの期間は入場時間が書かれた整理券を配られるため、時間を有効にして回ろうと思うと、インターネットによる事前予約がおすすめです。発行手数料が必要ということと、指定時間に30分以上遅れると整理券になってしまうことが注意が必要ですが、実際にチケットセンターにいるとすでに整理券を配布していました。また地中美術館やチケットセンターは山の中にあり、時間を潰して見て回るものがないです。


11時予約にしたので、それまで宮浦港まわりの作品や海の駅を見て回りました。




IMG_0402.jpg


IMG_0391.jpg



宮浦港の近くにある「直島パヴィリオン」
白いステンレスで作られてて、内部に入ることができます。
寝転んでポーズとっているのが夫です…




IMG_0413.jpg

007「赤い刺青の男」記念館(無料です!)



直島は塩が有名らしく塩アイスがありました。バスまで時間があったので朝からアイスです。


IMG_0416.jpg




*******




地中美術館まではバスで行きます。
小さい島とはいえ、坂道が多いので徒歩はしんどいです。レンタサイクルを利用している人もとても多かったです。一日いるなら、それもいいかもしれませんが、電動付のほうがいいと思います。私たちは見る場所は決まっていたので、バスを利用。宮浦港から地中美術館までは町営バス、ベネッセエリアはベネッセの無料のシャトルバス(芸術祭の期間内のため、ピストン輸送してました)、本村までは町営バス。芸術祭期間中は宮浦から地中美術館まで直通のバスがあります。この辺も抜かりなく、バスの時間を事前に調べてました。




IMG_0418.jpg




IMG_0430.jpg


直島はとくかく海外からの観光客が多かったです。それも近国ではなく、欧州とか。
地中美術館は安藤忠雄の建築で、三人の作品を展示してあります。
私はジェームズ・タレルのオープンフィールドという作品が印象的でした。



******



見終わったあとは再びバスに乗り、今度は本村港のほうへ。
ベネッセの無料シャトルバス、町営バスと乗り継ぎます。
乗り継ぎ地点に黄かぼちゃがあります。
乗り継ぎの待ち時間は10分ほど。走って、かぼちゃを撮りに行きましたw


IMG_0442.jpg




IMG_0449.jpg



*******



本村に着くと町プロジェクトのチケットを購入し、整理券が必要な南寺に整理券をもらいに行きました。町プロジェクトの内、南寺のみが整理券が必要で、だいたい1時間待ち、整理券がなくなり次第終了です。

整理券がもらえたら、南寺のとなりの公園で昼食。
冷えてないけど、冷やし中華おいしい。


IMG_0452.jpg


これははいしゃ。もともと歯医者があった家をアート作品に仕上げたものです。




直島は基本的に撮影不可な家プロジェクトが多いかな。
説明書きがないので、事前に調べたほうが納得して楽しめる気がしました。南寺は地中美術館と同じジェームズ・タレルの作品。これは予備知識ないほうがいいと思います。


IMG_0453.jpg



IMG_0454.jpg



IMG_0455.jpg

こっちは護王神社です。
氷のようなガラスの階段になってます。
地下から下につながっているガラスの階段が見えるっていうのを帰ってきてから知りました。残念…





IMG_0451.jpg


途中で見かけた役場。窓の形がそれぞれ違う。
小学校も変わった建物でした。

回り終わったら再びバスで宮浦港へ。ちょうどフェリーもきてそのまま岡山宇野港へ。



******



距離を考えて、ご飯を食べてから、水島コンビナートの夜景を見て、宿泊地へと予定を立てる。時間もあるので、夕食は倉敷の海鮮やどんこというところに行きました。
刺身の盛り合わせがとてもおいしかったです。


天気予報どおり天候が悪化、着いたスカイライン鷲羽山展望台からはまったく夜景なんてどこにもない。その代わり、四国に渡る瀬戸大橋が見える。雨の中写真を撮ってみるものの、なんか想像してたのと違う。
調べもらって、水島の夜景を見るのは 旧 鷲羽山スカイライン展望台。

  展 望 台 違 い … 


こんな落ちが…!

そこからたどり着いた夜景です。


IMG_0458.jpg



IMG_0461.jpg






******



そして本日の宿泊地矢掛町へ。

矢掛町は小さな宿場町なのですが、そこを選んだ理由は美星町と距離が近いのと、評判がよかったからです。




IMG_0466.jpg




泊まったのは矢掛屋INN&SUITESです
矢掛屋さんは古民家を活かして、和モダンな造りの宿泊所です。各部屋というよりも戸建てみたいになっていて、ミニキッチン、バス、トイレもあり、別館には温泉あり、時間帯では岩盤浴もできます。



IMG_0470.jpg




女性には浴衣の貸し出しもありました。
着いたのは遅かったですが、岩盤浴も楽しめました。
また夜の雰囲気がとてもいい!また行きたいねーと話していて、ご飯もおいしいらしいので今度はご飯も食べたいな~



******



8月27日(土)

私の希望で、岡山駅で大手饅頭と高瀬舟を購入し、夫の希望の長船刀剣博物館へ。ちょうど薄桜鬼とコラボをしていて、若い女の子のお客さんもたくさんいました。年配の方から、若い人までいて不思議な感じでした。刀剣乱舞ファンもいたのかな??
薄桜鬼のキャラクターの説明と実物の人物の説明を一緒に置いてあるから混乱するというのが夫の感想でした。


その後、カキオコを食べに日生まで車を走らせる。
日生は瀬戸内海川に位置し、B級グルメであるカキがたんまりと入ったお好み焼きが有名です。タマちゃんでカキオコを堪能し、あとはそのまま私の実家へ。

というのも妹が彼を連れて、結婚の挨拶に夕方くるらしく、岡山からの帰りなら私たち夫婦も一緒にご飯をと誘われました。そして次の日はこっちでお茶教室だったので、そのままお泊りしました。

楽しかった三日間はあっという間でした。
この日みんなで食べに行った居酒屋のお刺身盛り合わせがまたすごかったことを記録しておきます。※写真は撮っていない。
めい
Posted byめい

Comments 0

There are no comments yet.